林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿児島から屋久島までは船旅。
鹿児島港から、種子島、屋久島を結ぶ高速客船(水中翼船)です。
今回乗船するのは「トッピー」
CIMG2736-1.jpg

15:50に鹿児島港を出発して、途中種子島を経由して18:30に屋久島到着予定です。

定刻より少し遅れて出発した「トッピー」は、港を出るとあっという間に最高速度。
高速客船と言うだけ有って、スピードも半端じゃない。
船内に有る速度計は「80.6km」を記録してました。(^_^;)

錦江湾の中をしばらく走ると、右手に開聞岳。
CIMG2754-1.jpg

山頂にちょっと雲をかぶってますが、薩摩富士と呼ばれるだけの事は有りますね~。
後はのんびりとした船旅です。
高速とは言っても、船の揺れは全くなく(海も凪いでたけど)本を読んだり昼寝をしたり、のんびりと過ごしました。

種子島で半数を人を下ろし、その倍くらいの人が乗船して次はいよいよ屋久島。
外が暗くなってきた夕方6時頃西の方にかろうじて屋久島が見えてきました。
CIMG2764-1.jpg

海面のすぐ上に見える、かすかな明かりと、雲を突き破って天にそびえてる「愛子岳(1235m)」。
最高峰の「宮之浦岳(1935m)」は海からは見えなかったけど、「来たな~」って感じです。
見ての通り、回りは晴れてるのに屋久島の回りだけ雲に覆われてる。
「屋久島は一月に35日雨が降る」って言われてるように、とても雨がおおいんです。
明日は降らなきゃ良いな~。

そんなこんなで、トッピーは屋久島の安房(あんぼう)に到着。
ここで出迎えてくれたのは、鹿児島県林研副会長で屋久島林研会長の松田さん。

誰もが初対面だし、外は真っ暗だし・・・分かるかな?
唯一教えてもらってる特徴は「スキンヘッド」
はい!すぐに見つかりました。

松田さんも私の方を見て、何故だか安心されたご様子。。。。(何故だ?)
スキンヘッドと言うと怖そうなイメージをお持ちでしょうが、なんとも優しい方で、屋久島滞在中お世話になりました。

屋久島での宿は民宿「水明荘」
迎えてくれたのは、「やこちゃん」と安藤さんが気軽に声をかけてた女将さん。
噂によると、ちょっとお酒好きで、ちょっとおっちょこちょい・・・らしい。
この噂が現実になるとは・・・

部屋は和室と洋室の2部屋を用意してくださいました。
W専務はたばこを吸わないので洋室。
私とT副会長は、これでもかっ!ってくらいヘビーなので・・・(^_^;)
荷物を置いて早速晩ご飯。
地元の食材海の幸いっぱいの料理。
トビウオの唐揚げなんて初めて食べました。
CIMG2766-1.jpg

海魚は余り得意では無いのですが、白身で淡泊な味はなかなか美味。

夕食後ロビーでくつろいでいると発見!
宮崎駿の色紙!
CIMG2769-1.jpg


実はこの水明荘は、あの「宮崎駿」率いるスタジオジブリの定宿らしいです。
「もののけ姫」は屋久島を舞台に創作された。って言われてますが、その時はここに泊まってのんびりされたんでしょうね~。
ちなみに、ジブリスタッフ面々の寄せ書きも有りました。
ついでに、水明荘のお子さん達銘々に向けた、宮崎駿さんの色紙も有りました。(うらやましい・・・)

本当なら、外の方もウロウロしたいのですが、なにせ明日は登山。
朝も早い。(4:15出発予定)
「やこちゃん」に明日の朝昼2食分の弁当をお願いすると
「4時までにここのカウンターにおいときますね!」とのこと
これで一安心(^_^)v

まだまだ寝るには早い時間(10時)なのですが、明日のために今日は早く寝ましょう!!!
おやすみなさ~い・・・・

つづく・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと・・・
その、水明荘さんへ アクセス・・・・・!!

恥ずかしながら、 
私は屋久島のことを あまり知らなかったのです(;;)

山紫陽花や安房川を見ただけでも そこの土地に興味が持てました(^^)v

ありがとう・・・・m(..)m
2007/10/06(土) 21:08 | URL | ろんまま #-[ 編集]
私も
屋久島って言うと縄文杉しか知りませんでした(^_^;)
でも、縄文杉以外でも屋久島って本当に良い所ですよ。
2007/10/08(月) 23:40 | URL | た~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://forestamusement.blog41.fc2.com/tb.php/443-879f6d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
000海里、2004年8月1日(日) 13:24撮影船(ふね)とは水上(海、湖沼、川|河川など)において、おもに人や
2007/10/06(土) 09:15:27 | フェリー&港 ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。