林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の苗作りも、ここまでは比較的順調に進んでいます。
猛暑といわれた今夏ですが、さすがに吉和。
冷涼とまでは言わないまでも、街中のような殺人的な暑さも無く、クーラー無しでも何とか耐えしのげるような地域での苗作り。
その分、生育はいまいちのような気もするけど、そこはこれからの課題にしていきます。

安田林業での苗作りは、路地とコンテナでの育苗を行っています。
成長は路地のほうが安定していますが、試験的なことを行ったり毎日の管理などを考えるとコンテナのほうが楽です。

IMG_0763.jpg
上の写真は、コンテナの育苗写真。
写ってるところで約2000本。樹種はスギ(ハチロウスギ・カワイダニ)、アテ、コウヨウザン。
まだまだ、本格的な育苗とまでは言ってないですね。

次の写真は、昨年から取り組んでいる「カラマツ」の挿木。
昨年は全滅したのですが、今年は半分くらい生き残っています。
で、生き残るだけじゃなくて、新芽が出たものも有りますので、発根の可能性もかなり高いかも?
今後は、生存率を増やす方法と、挿木に適した母樹作りにも取り組まなくては・・・

IMG_0766.jpg

「主伐を行って、木材生産を増大させよう!」とか
「多間伐を繰り返して、長伐期の森が一番!」とか
業界の中でも様々な意見が飛び交っていますが
「持続的な林業経営」を行うには、小面積の皆伐(1ha以内)を行いながら更新を行う事も大事だと思っています。
そのためには、履歴のわかる苗を育てる事から始めたい。

何より、大きな木を倒して搬出する事も林業の魅力ですが
小さな種から芽が出る姿や
切り取った枝が懸命に根を張って育つ姿は、見ていて楽しい。

もちろん、収入も大事だけれど、楽しい林業を続けて生きたいですね♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。