林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支障木なんて名前の木はないのだけど、人間が生活する中で支障になる木や他人に迷惑を掛ける恐れの有る木を、このように呼ぶことが有ります。

そんな木の伐採の仕事が昨年から少しずつ増えてきました。

これまでは余り気にならなかったけど、木が大きくなってきたら、ちょっと気になる・・・
一度、気になり始めると、それは恐れ(被害を与えるかもしれない)にも変わる。
いつまでも恐れてばかりいてもしょうがないので、いっそのこと、伐ってしまおう。

今回の伐採もそのような状況でした。

場所は神社の境内。
戦前から有るマツの木で、地域を見つめてきたマツですが、かなり傾いてきて最も長い枝先は国道のセンターライン付近にまで届くという代物。
神社側はスギに覆われているので、このマツは道路側に成長するしかなく
いつか、台風や雪で倒れるんじゃないか?
それが、地元の人たちに危惧されてきたようです。

IMG_0613.jpg
さて、私どもで処理するにしても普通に引っ張って倒すにはちょっと度胸がいる。
まかり間違って、ワイヤが切れれば道路は通行止めだし、道向かいに有る、電気・電話そして光ケーブルまで全部切断してしまう。
とりあえず、登って大きな枝を処理することからはじめます。
お神酒を供えて、社員全員で作業の安全を祈願して準備にかかりました。

作業としては、樹に登って上から順番に切るだけ。
IMG_0615.jpg
クライミングに慣れている人たちは、「高い樹の上から見る景色は気分が言い。」と言われますが
いやいや!怖い!
単純に怖い!

ロープは信用している。
下でフォローしてくれている者たち(グランド係とも言う)も信用している。
一番信用ならないのは、自分自身。
慎重に慎重にと事を進めるので、なかなかはかどらない。

その作業の途中を知り合いがビデオにとってくれましたので、ビビリっぷりを是非ご覧ください。
映像

最後は幹だけになり、また上から少しずつ切っております。
幹の上にしがみついているのが、私です。
(実際にはしがみついているのではなく、幹を切る準備をしているのですが・・・)
IMG_0621.jpg
四苦八苦しながらも、何とか無事に作業終了。
結局二日もかかってしまいました。

伐根の様子です。
SN3V0376_201504051557457e6.jpg
緑の矢印の所に傷が有るのがわかります。
戦時中、このマツから「松根油」を採った跡だそうです。
という事は、この傷から外が70年。
このマツの樹齢は・・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。