林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週一週間、島根県で行われていた森林作業道の作設研修に行ってきました。。
この事業は、林野庁の人材育成事業の一環で、森林作業道の作設者を育成する研修です。

作業道の研修としては、3種類があり、
まずは、これから作業道を作設する人を対象とした「初級研修」
2段目として、初級を受講した人たちが次のステップに進むための「フォローアップ研修」
そして最終段階が、初級・フォローアップの対象者に講師を勤める人を育てる「指導者研修」


今回は「指導者研修」として島根県にやってきたのですが、
正直に言うと、指導者研修は疲れ方が半端じゃない。
なにせ受講生は、これまで多くの作業道を作設してきている人たちです。
中には、建設業を経験してきている人もいます。
はっきり言って、重機の操作技術は、私なんぞより格段に上でしょう。

じゃぁ、何故そんな人たちに対して私なんぞが講師を出来るのか?
そこはお得意の「口八丁手八丁」で相手をだまくらかしながら、いかにも本物らしく見せる・・・・
なんて事はしませんが、、、、

指導者になる人たちには、操作技術以外にも必要な技術があります。
それが、「人に物を教える技術。」

人材育成の時によく言われる言葉として
「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ。」
というのが有ります。

これまでの様に「見て覚えろ。」ではなくて
何故、この操作が必要なのか?
それを理論建てて、説明してあげることによって
相手に理解を促す。
それでも相手が理解できていなければ、様々な方法を用いて理解できるまで説明する。

説明して、実地で見せて、実際にやってもらう。
これの繰り返す事で、これまでより早く技術を身につけてもらう。

指導者研修ともなると、それを教える講師も二人で担当します。
双方で同じ事を教えても意味が無いので
一方は、技術研修。
もう一方は、指導者としての教え方研修。

もちろん私は、「口八丁手八丁」での教え方研修担当・・・・・

IMGP1343.jpg
こちらは、正統な技術研修担当の山田講師の研修風景です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。