FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2011/031234567891011121314151617181920212223242526272829302011/05

会社の中の独自制度として『森林整備士』があります。
数年前から構想を暖めていたのですが
本年から、本格的に開始。

林業を行う上で、木が伐れるのは当たり前の作業だけど
その選木を行う上で、何を考えながら選木するのか?
林業の最終目的は何なのか?
事業体と言うものを運営していくためには
どのような技術と知識が必要なのか?

それらの事を身に付けてもらおうというのが制度の趣旨です。
当然経験を重ねるごとに必要な技術も多くなるので
1級から3級にまで分かれてます。

そんな面倒くさいこと・・・
なんて、思われるかもしれませんが
もちろん社内資格なので『手当』が有ります。

受験資格として「経験年数」と「取得済み資格」が要件としてありまして
今年はその[3級]要件に該当する人たちが2名。

その、『森林整備士』の初回試験が始まりました。
内容は、座学と実技。

座学は林業一般から、安全管理・作業方法・森林調査
そしてコスト管理から法人決算書の見方まで多岐にわたります。

実技は必須項目と選択項目に分かれて試験を行います。

来週中には、結果が出ることでしょうが
2名とも合格してくれることを願ってます。
スポンサーサイト