林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の好きな所の一つに高知が有ります。

まぁ、好きになった理由って言うのは
他の多くの人と同じように「坂本龍馬」

高校生の時に学校の図書館に有った
司馬遼太郎の『龍馬がゆく』を読んでから
憧れと親近感を持って高知って街を見てました。

大学受験の際にも高知を訪れて受験したのですが・・・(T_T)

それから何度となく伺ってる街。

その高知県の中の香美森林組合に視察に行ってきました。
作業道と搬出間伐(列状間伐)で
大きな成果を上げている森林組合です。

四国の山々は急峻な地形が多いのですが
その中に、11tトラックが縦横無尽に走れる作業道。
もちろん土質に助けられているところも有るでしょうが
その、気概には感激しました。

『誰かがしなくちゃいけないのなら私たちがやる。
それが私たちの仕事だ。
出来ない理由を探す暇が有ったら、出来るための工夫を考えろ。』

良いですね~。
こんな森林組合が増えてくると
日本の森も大丈夫かも!

でも、ここでも問題になっているのが『材価』

昨年の同時期に比べて3割減。
そのデーターを目のあたりにすると
『さすがに厳しいです。』と組合長

このまま「木材は国際商品だから・・・」
と放っておいて良い状況なんでしょうか?
環境的にも何らかの対策が必要なのでは?

と、つくづく考えさせられた今回に視察です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。