FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

縄文杉を後にした私たちは、10分くらい降りたところで昼食。
実はガイドさん達はそれぞれ縄張りのような物を持ってて
それぞれで、休むところ昼食を取る所にお気に入りがあるみたいです。

安藤さんの入れてくれた、熱い味噌汁が美味しかった(^_^)v

しばらく休憩して、12時前に下山開始です。
登山は登りよりも下りの方が難しいって言いますけど。。。

はい!途中で足がプルプルしてました。
歩きながらふくらはぎが痙ってました。(T_T)
13:10全員無事に「大株歩道入口」まで戻ってきました。

実は、「大株歩道」から「縄文杉」の間にはまだまだ多くの屋久杉を見ることが出来ます。
翁杉。大王杉。夫婦杉。コアラ杉。

登山道もこれでさようなら!
ここからは、軌道式を歩いて帰るだけだから、楽勝!とみんなが思っていたのだろうけど
実は、まだ8km以上残ってるんですよね~。

頑張って登って、プルプルしながら降りてきた足腰。
これから8kmがいかに過酷か?
これから思い知ることになるのです。

私の様な腰痛持ちにとって同じ姿勢って言うのは一番辛いんです。
でも、歩く姿勢って。。。同じ姿勢ですよね?
従って、長時間歩くのは、足より腰に負担がかかるんです。
普通なら軽い下りを歩くだけだからなんてこと無いんだろうけど、、
小杉谷まで2回休憩。
ここでちょっと長めの休憩を取って、その間にガイドの安藤さんは帰りのバスの時間を計算し始めました。

そして出た答えは
「来る時に40分かかったところを30分で帰る!」そうです。

はっきり言って我々のパーティーで無事なのは安藤さんだけ。
松田さんとT副会長は足の裏の皮が剥げた。
W専務は膝が悪い。
私は腰が悲鳴をあげている。
まるで敗残兵のごとき状態。

それなのにそれなのに・・・
若くて元気な女子大生10人組を先に、それを追いかける様な敗残兵の集団。
腰はますます我慢できなくなって、横を向いて歩いたり、斜めになって歩いたり。。。
それでも、意地でも休もうなんて言えるはずもなく。。。
歩いても歩いても登山道入り口にたどり着かず。。。

はっきり言って、この2kmちょっとが、今回の登山で一番きつかったです(T_T)

シャトルバスと安藤さんの車を乗り継いで水明荘に戻ったのは4:30。
12時間半の縄文杉ツアーは終了したのでした。

でも、まだ屋久島ツアーは終わってなかった。(^_^)v

つづく・・・・・・・・
スポンサーサイト