FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

林業に関わる者として、
一度は行ってみたい所・・・
一度は見てみたい樹・・・

それはやっぱり屋久島の縄文杉ではないだろうか。
ただ、登山の経験もなく、自分の山でさえろくに歩くことをしない私が、なぜ屋久島に行ったのか?なぜ縄文杉を見に行けたのか?

それは些細な出来事が発端だった。


8月の上旬。全林研の理事会で東京に行った時、
会議終了後に林研グループを事務局がある普及協会で事務長のN部長と談笑している際
これからの各地のブロック大会の話となった。
実はこの時点で九州ブロックは他のI副会長が行くこととなっていて、彼は登山も趣味。
この夏にも家族で縄文杉を見に行ってきたそうだ。

た~ :「九州ブロックは鹿児島だから、屋久島も近いよね?縄文杉もいつかは行ってみたいけど、歩くの嫌いだからなぁ・・・登山なんてとっても無理だな!」
N部長:「縄文杉まで8時間くらい歩かなくちゃいけないから、結構大変だよ。でも実は内緒なんだけど管理用の林道が有って、それを使うと縄文杉まで2時間くらいでいけるんだよ。。。。」
た~ :「えっ?2時間? で、その林道って通って良いの?」
N部長:「いやいや、普通は通っちゃいけないよ!でも、あるところに頼むと何とかなるかもよ(^_^)」

この他愛もない嘘とも誠ともとれないような話が、だんだん大きくなって・・・

た~ :「じゃ、そこに頼んでみてよ!それなら九州ブロックは僕が行く!」
N部長:「本当に行くの?I副会長と変わっていくの?」
た~ :「片道2時間で縄文杉がみれるなら行く!」

早速N部長をそそのかして電話をしてもらうと、話の内容まではよく分からないけど「OK」とのこと。

日程をみると、ブロック大会は金曜に終わる。
その日のうちに屋久島に渡って、土曜にちょこっと縄文杉まで行ってきて、ゆっくり日曜に帰れる。

でも一人では心細いから、ブロック大会に参加するT副会長とW専務も誘う。

た~ :「2時間で縄文杉が見られるらしいよ!一緒に行きませんか?」
T副会長:「土日だし、2時間なら行ってみようかな?」
W専務:「土曜に霧島にでも登ってみようかと思ってたから、2時間なら一緒に行きますよ」

そう、このときすでに私たち3人の頭の中には「2時間で縄文杉」という魅力的な言葉が刷り込まれていたのでした。。。。

が、2時間と言えども山登りには違いない。
普段全く歩かない私にとっては、やはりきついはず。
それからというもの、機会を見つけては歩くように心がけ、太り気味だった体重も減らすことに尽力し。。。
と、何とも涙ぐましい努力を重ねてたのでした。
W専務なんて、7階の事務所までエレベーターを使わずに、階段を歩いて鍛える念の入れよう。
それもこれもすべて「2時間で縄文杉」と言う呪文のために・・・

鹿児島から屋久島への渡りと向こうでの宿泊についてはN部長にお願いして、
行き帰りの飛行機チケットはこちらで確保!
後は台風が来ないことを祈るだけ。とウキウキと構えていました。
インターネットで縄文杉の情報を見ると
「縄文杉まで8~10時間のコース」とある。

「これを片道2時間でいけるんだからラッキー!」と・・・この時は疑いもしませんでした。
9月12日の1通のメールが来るまでは・・・

9月12日。N部長から1通のメールが届きました。
それは、屋久島の諸々の事についてのメールでした。
渡船の事やら、屋久島での宿泊の事など、
そして、その中にはこんな文章が。。。

『別添の通り、屋久島行の日程等が決まりましたのでお知らせします。
なお、2泊につき、中日は1日がかりの行程としていただいたようです。』

えっ? 1日がかり・・って何よ?
『2時間で縄文杉』はどうなったの?
どして?
なになに?
ここはどこ?私は誰?
????状態・・・

意を決して、添付されたファイルを恐る恐る開いてみるとそこには、
経費一覧と一緒に
『29日 朝4:15 宿舎発(時間配分は現地にお任せ)』

おいおい、これって・・・普通の登山じゃんかぁ~~~(T_T)
(いや、普通より厳しい?こっちは全くのド素人だよ?)

N部長に自棄で抗議してみても相手は遠くの東京。
私の悲しみなんて届くはずもなく、、、

それからというもの、開き直って、毎日ダイエットと体力強化に努めたのは言うまでも有りません。。。(T_T)

つづく・
スポンサーサイト