FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

27,28日と高知に行ってきました。
行き先は、「(株)とされいほく」
林業関係者の方々なら、聞いた事の有る名前でしょう。

が、今回の視察は出発前にアクシデントが待ってました。

今回は県林研のメンバー40名で参加の為、バスの待ち合わせ場所が限定されていたのです。
私の待ち合わせ場所は、自宅から約70km離れた所で8時10分の予定。
高速を使っても、そこそこの時間かかるから、まぁ余裕を見て7時に家を出れば間に合うな!と思っていたのですが・・・

何を隠そう、前日に我が家でご近所さんが集まってパーティをしてたのです。
呑んで喰って騒いで、総勢20名近く集まっての大騒ぎ(*`▽´*) ウヒョヒョ
結局、ベッドに入ったのは、2時近く・・・
しっかり目覚まし時計をセットして眠りに就いたはずだったのですが・・・・
あさ、目覚めて時計を見てビックリ!
なんと7時25分を指してるじゃ有りませんか(;>_<;)
待ち合わせ時間まで、あと45分。
どう考えても、間に合いそうにない。
でも今更、キャンセルするわけにもいかないし。。。

とりあえず、その辺に転がってる服を着て、半分眠ったままの頭で車に乗り込みました。

目が覚めて車に乗るまで5分。残り40分で70km!
アクセル踏みまくりました。
悪い事とは知りつつも、アクセル全開。
スタッドレスタイヤだったために、130キロを超えた当たりからハンドル操作が思う様に出来ず、悪戦苦闘しながらなんとか1分遅れで待ち合わせ場所に到着。

もう、こんな運転は嫌だ!
(って、全て私の責任だから、誰に文句も言えない・・・(ToT)

ま、出だしでつまずきはしたけれど、後はバスに乗ってるだけ。
順調に行程は進んでいきました。

お昼は、途中高速を降りて讃岐の釜揚げうどん。朝ご飯も抜きだったから、おかわりまでして・・・・(^.^;

時間どおりに大豊町の「(株)とされいほく」に着きました。
まずは、会議室に案内して頂き半田副社長より、会社概要、業務内容などの説明。
CIMG1675.jpg


間伐が主体の林業事業体で年間搬出量17000m3を3人のチームが5チームで作業をされているとの事。
間伐率は50~60%
架線集材をメインに各種作業システムを活用して搬出を行っている事。

なにより、参考になったのは林業機械の利用はもちろんですが、
それだけにとらわれず、従来から有る架線集材を取り入れて、
現場に有った最も効率の良い作業方法を取り入れている事。

普通、林業機械を導入すると、その機械を利用しようとして現場に合わない様な作業システムを組んでしまいがちなのですが、
その辺は臨機応変。
見習いたい所です。

その後現場に案内して頂いたのですが、スギの品種はヤナセスギの挿し木。
樹高の割に直径が細い。
4000本程度の植栽で、殆ど手入れがされていなかったとの事です。
50~60%の間伐と聞いて最初は疑問に思ったのですが、現場を見て納得。
CIMG1678.jpg

この樹齢ならもっと少なくても良いかな。と思いました。

選木方法は「定性・残樹選木」
良い木に印をして、その他は切り倒す。と言う方法。
気候などの条件も有るので、50%が良いとは一概には言えないのですが、
手遅れ気味の林分には、最も適した間伐方法でしょう。
CIMG1692.jpg


そして、この地方特有のH型架線集材。
普段、架線集材なんてした事のない私には、集材機や、ワイヤの取り回しには感心するばかり。
CIMG1683.jpg

CIMG1687.jpg

県から、搬出の補助金が出てるとは言え、その殆どを林家に還元するなど、とても前向きな姿勢に感服。
数年後には、大手製材工場とのタイアップも決まっており、これから益々生産量を増やす予定との事でした。

休日にもかかわらず、我々を案内してくださった半田副社長にお礼を述べて大豊町を後にしました。


翌日は、せっかく高知まで来たのだから。と言う事で桂浜へ
ここ10年くらいの間に何度も高知には来てるのですが、桂浜は久しぶり。
大学入試の時に、息抜きに来てから約20年ぶりです。

確か当時は駐車場から、そのまま浜に行けたのに、今は何故か山越えしないと行かれない。
何て事も有ったけど、久しぶりの桂浜は期待を裏切らず綺麗でした。
CIMG1696.jpg


さて、明日は東京。
今度は今回以上に朝早いから、寝坊しない様に気をつけなくては・・・(^.^;
スポンサーサイト