FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

映画を観に行ってきました。
観たのは「硫黄島からの手紙」

「今頃かよ!」って言わないでくださいね。
冬時期は暇だとは言っても、これでもぼちぼち忙しい身ですので・・(^.^;

昨年の「男達の大和」にしても今日観た「硫黄島からの手紙」にしても大戦中の悲壮な史実を映画にしてる。
何故だろう?
戦争の悲惨さを訴える事によって、戦争の愚かさ、失う物の大きさを教えてくれてるんだろう。

「戦争は悪い」なんて言うのは、とても簡単な事なのかもしれない。
じゃぁ、何故その「悪い」戦争はこの世から無くならないんだろう?
兵器があるから?

兵器が無くなると、戦争は無くなるの?
人類の歴史は戦争の歴史。
例え兵器、武器が無くなっても争いは無くならない。と僕は思う。

自分の事を大事に思って、家族の事を大事に思って、地域の事を大事に思って、そして国の事を大事に思う。
そこに危機が迫ってくると守ろうとするのは自然な行為。
それが国レベルになると「紛争」
外交レベルで最後の手段が「戦争」
外交術で最も、幼稚でレベルの低い考え方が「戦争」だと言われているけど、
本当に僕たちは「戦争」が嫌いなのかな?
「企業戦士」「経営戦略」
日常会話の中にも、戦いを連想する言葉は氾濫してる。

「自衛隊はいらない!」「武器はいらない!」って言ってる人も居るけど
愛する人が、追いつめられた時に、それを黙って見ていられますか?
僕には出来ない。
何らかの手段で戦うでしょう。

ちょっとした事でも、他人を追いつめた事は有りませんか?
僕には有ります。

だから僕には「戦争をしちゃいけない」なんて、偉そうな事を言える資格は無いんです。
個人の争いと戦争は別だと言う人も居るだろうけど、それって僕には言葉のすり替えにしか聞こえません。
人間に「欲」が有る限り、「戦争」って無くならない様な気がする。


支離滅裂な文章ですみません・・・m(_ _)m
スポンサーサイト