FC2ブログ
林業、森林、木工についての様々な事を楽しく、おかしく、時には涙無くては語れない話など・・・
今日くらい雪降ると、道路にもかなりな雪が積もります。
道路の雪はまず車に踏みつけられて固い圧雪に、そして陽が当たって暖かくなってくるとシャーベット状態になります。
それでも車は通るからタイヤの跡の部分の雪は押し退けられてその部分だけアスファルトが現れます。
いわゆる轍になるんですねぇ(-.-;)

今朝、吉和に行く時ももそんな状態になってて…
でも、今朝はちょっと面白い物を見たのでご報告を(・o・)ノ
私は、何時もの様に轍を跨いで運転してたのだけど、前の軽自動車の様子がちょっとおかしい。

CIMG0056.jpg


わざと轍の上をタイヤが通るように運転してるのだ。
対向車が来ると轍をまたぐ様な運転に戻るのだが、何かおかしい?
良く良く見て見ると、所々で道路中央部の轍が何かに削り取られた様に平になってる。
それは、前を走る軽自動車が轍を跨いで走ってた所。
ちょっとシャコタン気味の車だったから下回りで雪を削りながら走ってるのかな?と思ったら、違ってた!
前の車が轍を跨いだ時にはその車前方でやけに雪が舞い上がる。泥雪を跳ね上げる様に…

なんと、その車の改造したフロントスカートは地上との隙間が10センチくらい。
轍の高さは20センチは有るから、そのフロントスカートで轍の雪をはね飛ばしながら走ってたんですねぇ。
はね飛ばした雪はフロントガラスにブチ当たってたはず。
話には聞いた事は有るけど初めて見たなぁ(*^_^*)

あの車どうなったんだろ??
スポンサーサイト